越後みそ西について
about“ECHIGO-MISO-NISHI”

郷土の “たから” を未来に伝える会社である。

郷土の“たから”とは柏崎の風土そのものと、そこに育まれたいのちであり
また、それらを最良の状態で生かすために、辛苦をいとわず、自然の働きに寄り添い、
永年研鑽されてきた知恵と心である。
それら根幹となることを見つめながら
新しい風を常に取り入れ、変化し続けることで、
郷土の恵みを多くの人と分かち合い、
次の世代につないでいくことを使命とする。

代表挨拶

代表取締役 長澤 智信

歴史

1831
天保2年

醤油醸造業として創業。

西巻家に嫁いだ千代が生家本間家より醤油製造法の伝授を受け、醤油醸造業を開始。
名にちなみ『千代紫』の名称の下に発売し、産を興す。

1916
大正5年

西巻進四郎が醤油業を継ぎ、
新シ屋九代目となる。

先代の時太郎の死去に伴い、本家からの養子西巻進士郎が醤油業を継ぎ、「新シ屋」九代目となる。 進四郎は家財を売り払い、それを醤油等の仕込みに回し、第一次大戦時の好況により産を成す。大阪より今野清治博士(大阪工業高等学校醸造学)を招き、原料と麹室の改良、麹もやし技術の研究、増産設備の導入・機械化も行った。
昭和四年には柏崎町長に就任、以後十年間病気辞任まで職に就き名町長と言われた。
文化活動や上水道整備にも力を入れる。中村葉月とともに郷土史「柏崎」を刊行。


西巻時太郎(大正)の頃の店舗
西巻進四郎
郷土誌「柏崎」
西巻時太郎(大正)の頃の店舗 西巻進四郎 郷土誌「柏崎」
1932
昭和7年

合資会社「タカラパン」設立

昭和七年に合資会社「タカラパン」設立。いちはやく柏崎に製パン業を持ち込む。同年、醤油出荷が二千石、味噌出荷が二万貫となる。
昭和十四年には東京の第一ホテルよりシェフを招き、タカラパン併設の柏崎初となる洋食レストランを開店。


1959
昭和34年

「株式会社 西巻醤油店」から
「株式会社 にしまき」へ社名変更

西本町に総合スーパー「にしまきフードセンター」を開店。


「株式会社にしまき」のマーク
「にしまきフードセンター」
開店5周年の頃
「株式会社にしまき」のマーク 「にしまきフードセンター」
開店5周年の頃
1960
昭和35年

純喫茶「タカラ」新装開店

タカラパンのパン販売店舗「ルミアン」の地下に「喫茶タカラ」を新装開店。「みなさまのタカラ」をキャッチフレーズに地元柏崎にサロンを作ることを目指す。


喫茶タカラ新聞広告(昭和20〜30年代)
昭和33年頃
喫茶タカラ新聞広告(昭和20〜30年代) 昭和33年頃
1964
昭和39年

新道に工場を建設

新道に新工場を建設。1969年より本格稼働。


新道工場の木桶
新道工場の木桶
1969
昭和44年

「フードタカラ」に新装開店

西本町店の本店を「フードタカラ」として新装開店。


「フードタカラ」ロゴマーク
「フードタカラ」ロゴマーク
1976
昭和51年

「西巻家々史稿」(西巻逹一郎編)発行

西巻進士郎の記述、当代の聞き書きを併せた歴史録「西巻家々史稿」を発行。醤油醸造から始まる歴史が詳述される。


「西巻家々史稿」(西巻逹一郎編)
「西巻家々史稿」(西巻逹一郎編)
1979
昭和54年

「三階節」商標登録

柏崎の民謡「三階節」から取った名称「三階節みそ」の商標を登録。

1999
平成11年

「株式会社 越後みそ西」設立

「株式会社にしまき」からの伝統を引き継ぎ、
味噌醤油製造販売を継続

2003
平成15年

西本町店開店

西本町店に越後みそ西の販売店舗を開店。

会社概要

商号 株式会社 越後みそ西
事業内容 味噌、醤油、漬物の製造および販売
食料品の加工および販売
上記に付帯する一切の事業
設立年月日 創業 天保二年(1831年)西巻醤油店
平成11年11月15日(株式会社 越後みそ西)
本社所在地 〒945-1122 新潟県柏崎市新道882
TEL 0257-23-1893
FAX 0257-21-3407
代表者 代表取締役 長澤 智信
資本金 1,000万円
取引銀行 大光銀行 北越銀行 柏崎信用金庫
主な取引先 ホテルオークラ
国分関信越株式会社
イトーヨーカ堂
県内外の旅館・割烹、他